1. もう片頭痛は我慢しない|マクサルト通販で辛い痛みを解消   >  
  2. 片頭痛とはどんな頭痛?

片頭痛とはどんな頭痛?

頭痛に悩まされる

片頭痛による痛みの一番の原因は、脳の血管の拡張です。
血管が拡張することによって、脳内の「三叉神経」という最も大きな神経が圧迫・刺激されて痛みが引き起こされるのです。
また、血管の周囲にも炎症が引き起こされるので、さらに痛みを生み出してしまいます。

血管拡張の原因には、セロトニンの過剰分泌が考えられます。
大きなストレスや過労によって脳が刺激を受けると、セロトニンが大量に放出されて脳の血管が収縮。それからセロトニンが分解されて減少すると、反動で急激に血管が広がって痛みが起こります。

頭痛によって吐き気をもよおしたり、頭を少し動かしただけで痛みがひどくなることも。普段はなんてことのない匂いでも気分が悪くなったり、少しの光でもまぶしく感じてしまうなど、さまざまな症状をともなってしまいます。
ときには寝込んでしまうほど痛みが悪化し、いつも通りに仕事や家事を行うこともままなりません。
痛みは数時間から丸一日、長引くときには2〜3日も続きます。それが定期的に起こるというのは、日常生活を送っていく上で大きな障害だと言えるでしょう。

片頭痛の痛みにとって、市販の頭痛薬や鎮痛剤はあまり効果がありません。慢性的な頭痛に悩んでいる、頭の片側がズキズキと痛むなど、片頭痛かも…と思い当たったら、まずは医療機関の受診が必要。
片頭痛だと診断されたら、血管を収縮させる作用をもつトリプタンを含んだ薬が処方されます。即効性の高い「マクサルト」やじわじわと長く効く「ゾーミック」、早く効いて作用が持続する「レルパックス」など、片頭痛薬はさまざま。
毎日の生活を痛みによって邪魔されないためにも、頭痛の原因を明確にして症状に合った薬を使いましょう。